糖質は最もエネルギー効率の良い食べ物でご飯やパンや麺類などは糖質がたっぷり含まれていて人間繁殖するのに最適です。

糖質は体の中でブドウ糖になります。

ブドウ糖はエネルギー源のひとつで人間がまだ動き回っていた時代は多くのカロリーを必要とするため糖質はとても良いエネルギー源になっていました。

血糖値を下げるホルモンインスリンといいます。

しかし血糖値を上げるホルモンはグルカゴンとステロイドホルモンカテコールアミン甲状腺ホルモンといった4種類のホルモンがあります。

なぜ血糖値を上げるホルモンがこれだけたくさんあるのでしょうか。

それは飢餓の歴史ともいわれている人間の歴史の中で血糖値を下げる必要はあまりありませんでしたが、血糖値が低くならないようにするための工夫は様々に必要だったからです。

人間は昔は体の中に取り込んだ糖質1日のカツオです。

消費してバランスが取れていました。

ですが、現在は車に乗ったりエスカレーターに乗ったりするのと体あまり動かさないなってエネルギーを必要としにくくなりました。

そうすると糖質で撮ったカロリーは体の中で止まってしまいそれがこうゲットとなって現れるのです。

糖質と糖類糖質と糖類という言葉も厄介

どう違うのでしょうか。

糖質は多糖類オリゴ糖単糖類二糖類といってさらにとアルコールと5つの種類があって単糖類というのはブドウ糖やカトーのように1個だけの存在するものです。

に糖は砂糖や諸島といったものでブドウ糖が一つくっついた物のことをいいます。

オリゴ糖はそれが10個ぐらいくっついたことで100個以上そして数万個以上にくっついているもの多糖類といわれています。

参考のURL⇒pms治療したい.xyz

多糖類というと一般に私たちが食べているでんぷんです。

植物が作るた通り用でんぷんといいます。

が動物が作る多糖類はグリコーゲンといいます。

人間もグリコーゲンでカロリーを貯蓄しています。

糖類は二糖類と単糖類の総称でこの二つの糖分はとても甘いです。

そのため盗塁という風にいうと甘い糖質だというふうにいえると思います。

糖質と糖類の違いがわかったでしょうか。

そうすると糖類ゼロであっても糖質をたくさんとってしまうということがわかります。

例えば二糖類以上の糖質がくっついているものを食べれば糖質をオーバーしてしまうことになります。

例えばご飯パン麺などは多糖類ですので、やはり糖質の4番につながってしまいます。

日本人の膵臓日本人の糖尿病は2型糖尿病が一般的です。

これは生活習慣病で起こります。

昔は2型糖尿病の患者がすごく少なかったのですが、現在ではとても多くなっています。

それは運動と食事が影響しています。

この糖質を減らすためには運動するか食事で減らすしかありません。

神戸人はインスリンを出す力が強くて糖尿病になりにくいということが分かっています。

食べるとインスリンがたくさん出るので血糖値が上がりにくく太りやすいということが分かっています。

しかし日本人の場合は太る前に血糖値が上がってしまい太っていないのに糖尿病という方が多いです。

日本人の2型糖尿病の形の半分以上は暇ではなく痩せているかとでも糖尿病になるものです。
日本人や韓国人や中国人のようなアジア人はインスリン分泌する力が弱いので糖尿病になりやすいとされています。

なぜ糖尿病になるのかまず遺伝的に糖尿病になりやすいという方がいます。

そして血糖値が上がりやすくなる食べ物糖質が多いものを食べている人がなりやすいです。
例えばご飯ばっかり食べている人やおにぎりばかり食べている人は血糖が多くなって糖尿病になる可能性が高くなります。

もう一つはカレー年齢が高くなってくるとインスリンが分泌されにくくなり血糖値が上がりやすくなります。

何を食べたらいいのか2型糖尿病を使用する食べ物としては地中会食やdash食というのがあります。

そしてベジタリアンもそうですし、糖質制限食もそうです。
地中海食というのは野菜や果物低脂肪の乳製品や魚を取ってコレステロールの多い肉は減らすという方法です。

オリーブオイルやワインを飲むことが推奨されています。

ダッシュ食は地中海食とほとんど同じ内容でしかし塩分制限が優れている点が異なります。

ビジテリアンは最近太った人がベジタリアンなるとカロリーが制限されて痩せられたということがあります。

そして糖質制限はローカーボといわれていて10程度の糖質を制限するということです。

妊娠糖尿病が増えている

妊娠糖尿病が増えてる原因には診断基準が高くなった厳しくなったということと高齢で出産する形が増えているという二つの理由が挙げられます。

アメリカでは妊娠糖尿病をどうやって使用するかというと食べ物で治療することもあります。

例えば食後血糖値が上がらないの食べ方をしてそしてケトン体の量が増えないように緩やかな糖質制限食を推奨しています。

日本人の場合はまだカロリー制限が重いですが、カロリー制限糖質制限の方優先した方が妊娠糖尿病の型が安全なのではないでしょうか。

妊娠糖尿病放置すると巨大児になってしまったり将来糖尿病になるリスクが上がりますので、ほっておくことはできません。

しかし妊娠している方は十分なエネルギーを取らないといけないですし、栄養素を吸収しないようにする働きがあるのでインスリンの働きがムラができてそこに過剰な糖質が入ると血糖値が上昇してしまいます。

妊娠したら妊娠糖尿病と診断されたらカロリー制限よりもカロリー制限を優先すると赤ちゃんが小さく産まれてきてしまうこれが肥満や血糖糖尿病のリスクを高めます。

ですので、血糖値の上昇を抑えた方がいいです。

血糖値を上げる

10年の常識血糖値を上げるのは糖質だけです。

糖類は単糖と二糖類という風になっています。

が多糖類も糖質ですので、カロリーを発生させ糖質血糖値を上げます。

しかし五炭水化物後中でも食物繊維は血糖値をあげません。

むしろ血糖値を抑える働きがあるといっても良いほどです。

いろいろな食品を食べて血糖を調べたところ昼食のみを食べた場合が一番血糖値が上がりやすいということが分かっています。

同じ量の米を食べても他に何かを食べることによって血糖値が上がりにくくなったり下がりにくくなったりすることが分かっています。

つまり白米をそのまま食べるよりは麦を入れたりチャーハン卵かけご飯にした方が血糖値が上がりにくくなるということがわかります。

そしておかずに豆腐を加えたりマヨネーズサラダオイルなどを加えて血糖値が上がりにくくすることで血糖値を抑えることができます。

また最後にたん水化物を食べるということも重要です。

野菜を食べて肉は魚を食べてそして糖質を最後に入れることで血糖値の上昇を抑えることができます。

なぜ他のもの食べると血糖値が抑えられるのでしょうか。

それは現在では分かっています。

タンパク質を食べると出るホルモンや糖質を食べると出るホルモンというものがあります。

これらのホルモンはインスリンの分泌を増やす働きがあります。

そのため食べ始めに蛋白して欲しい人をそのことでインスリンの量が分泌されて頭の吸収が穏やかになるということです。

食物繊維も同じように糖質を吸収しにくくする効果があり血糖値を上昇させないようにするために効果があります。

食物繊維は実は消化されている食物繊維は消化されないといわれてきましたが、実際には短鎖脂肪酸という油に変わってそれが血糖値の抑制につながっているということが分かっていました。

短鎖脂肪酸というのは酢酸やプロピオン酸といったもので体調お腹にできると肝臓に運ばれます。

そうすると脂質が血中に増えているということがもうに伝わり頭の放出をやめていいという風な命令が出るようなっています。

つわり食物繊維は糖の吸収を穏やかにするとゆうこうかいだいに肝臓からの糖の放出を減らさという働きもあってダブルで血糖値を上昇を防ぎでくれるということが分かっています。

そして食物繊維はインスリンが筋肉と脂質組織に働いて脂質繊維に糖が吸収されにくくなり太りにくくなるということも分かっています。

油や段取り人は食べていい

魚の油やタンパク質などを食べることで死亡率が減っているということが明らかになっています。

魚の油はまず積極的に食べるべきです。

そしてオメガ6とオメガ97飽和脂肪酸は動脈硬化が改善しやすいということが分かっています。

ですので、なつやオリーブオイルなどを摂取していく必要があるのです。

動物性脂質はどうなるのか動物性脂質を取った場合に心筋梗塞と脳卒中になりやすいのかということを表したものです。

アメリカ人は脂質の摂取量が増えると心筋梗塞の発症リスクが上がっています。

しかし日本人は心筋梗塞の発症にほとんど影響がありません。

なぜ動物性油が脳卒中のリスクを減らすんでしょうか。

今では血糖値を上げないためコレステロールを下げるために動物性の油は食べない方がいいといわれてきましたが、2015年なってアメリカの厚生省は油の摂取量を制限しないという結果を出しています。

投稿日:2017年5月12日 更新日:

執筆者: