糖質制限

糖質制限!人は食べないとどのくらい生きていけるの?

投稿日:

ですが、我々は生きるためにブドウ糖を食べて行きますが、ブドウ糖と酸素を反応させることでATPを生み出します。

ですので、糖質を食べないといけませんが、必要以上にとればブドウ糖が余ってしまいます。

それをあまりすぎないようにしてくれるのがインスリンでインスリンの働きでブドウ糖を細胞内に保存しておきます。

この時最初はブドウ糖がグリコーゲンになって肝臓や筋肉の細胞に貯蔵されるようになります。

ですので、貯蔵されているブドウ糖があるのです。

ぐに死ななくて住んでいるのです。

人はすぐには死なない

ブドウ糖がグリコーゲンとしてストックできないほどたくさん余ってしまうと武道とは何とか体内に保存しようとしますし、かしブドウ糖は1グラムで4キロカロリーそして脂質は1g9kcalです。

ブドウ糖を脂肪に変えることで効率的にストックすることができます。

つまり糖質を摂りすぎてブドウ糖が上がると太るということになっています。

では糖質制限をするとどうなるのか見ていきます。

糖質が入ってこなければブドウ糖が不足するのでATPを作り出せないそのためグリコーゲン脂肪を活躍させます。
グリコーゲンはすぐにブドウ糖に戻る性質があってブドウ糖となって酸素と結合してATPを作ります。

脂質の場合はベータ酸化という作用をして直接エネルギーに戻すことができます。

こうすることで糖質を制限すると脂肪が燃えやすくなっているということがわかります。

ですので、糖質制限をするとどんどんと痩せてしまいます。

そしてやがては筋肉や脂肪までを燃やしてどんどんと痩せてしまいます。

相談しても何日か食べられなくても生き残ることができます。

それは体に所蔵しているエネルギーを分解して生きていくことが出来るからです。

70キロの方の場合は16万キロカロリーあって107日間生き延びることができます。

AGEs終末糖化産物

それぐらい沢山のエネルギーを蓄えているのです。

グリコーゲンは肝臓に70g保管されていると280キロカロリー筋肉220kgで480キロカロリーグルコースは体液の中20g含まれていて

80キロカロリー脂質は体の脂肪として持っており25キロあるため135000キロカロリーあります。

タンパク質は筋肉に6kgあって24万かける10キロカロリーを持っています。

AGEsは終末糖化産物と訳されています。
これは糖尿病の真犯人で体の中に洗える悪さをするべきです。

食物の中にもAGEsは含まれますし、血液中のたくさんありすぎるブドウ糖化タンパク質と結合することでも生まれます。

ヘモグロビンエーワンシーの値をチェックするのが糖尿病の数の日課になっていますが、それはAGEsの一つです。

-糖質制限

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

食べていい糖質と食べてはいけない糖質の違いは?低糖質麺はいい

食べていい糖質食べてはいけない糖質糖質にはいろいろな種類があります。 糖質制限が血糖コントロールに効果があるということを知っていると増えますが、なぜ効果があるのかを知っている人は少ないです。 糖質制限 …