高齢者の食事

歯がない高齢者の弁当~お年寄りはたんぱく質が必要

投稿日:

タンパク質タンパク質は老人の体を維持するために重要な成分でアミノ酸がくっついているものです。

免疫物質を作ることも血液や髪の毛を作ること家に来を作るためにも必要な成分がたんぱく質タンパク質はアミノ酸に分かれますが、アミノ酸には体の中で作ることができないアミノ酸と作ることができるアミノ酸があります。

そしてアミノ酸は一つの種類がかけてしまうと他の機能も果たさなくなってしまうという穴の開いたバケツに例えられます。

ですので、バランスよくアミノ酸の値が高いものを選ぶ必要があります。

良質な脂質をとる必要がある脂質は動物性のものと植物性のものに大別されますが、脂質はカロリーの元になって体温をあげたり動くエネルギーのもとになります。

あまり量が食べられなくなっている高齢者にとっては脂質は大切なものです。

ただ消化不良を起こすこともありますので、良質な脂質をとる必要があります。

脂質はそれだけではなく細胞膜を作る減量伴っています。

市ホルモンを作る原動力ともなっています。

志望は詳しくいうと脂肪酸とグリセリンから作られていて不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸はあまりいい印象はなく肉などにたくさん含まれています。

不飽和脂肪酸は体にいいというイメージがありますが、魚屋植物オイルに含まれていてしかし酸化しやすいというデメリットも併せ持っています。

不飽和脂肪酸はオリーブオイルサラダオイルなどに多く含まれていますが、コレステロール値を減らす働きがあります。

ですので、青魚やオリーブオイル喉の良い油は酸化しない新鮮なものを適度に取る必要があります。

実は脂質にも体内で合成できないものがあります。

それは必須脂肪酸といわれていて3種類があります。

それはリノール酸とリノレン酸とアラキドン酸と呼ばれる種類の脂肪酸です。

これらは食べ物から取っていく必要があります。

高齢者はだいたいからして食生活が乱れてきて動脈硬化や高血圧起こしている場合が90%近くを占めています。

脂質は適度に取る

そして不飽和脂肪酸は体にいいからといってさんまの蒲焼やうなぎなどをたくさん食べていると脂肪酸取り過ぎになります。

そうすると癌の原因にもなりますので、たくさん取るのは考えものです。

糖質炭水化物はご飯やパンなどエネルギーの基本となるものです。

エネルギーは体内で燃やされるとエネルギーなりましもやし残しは体内で中性脂肪になって蓄えられます。

このエネルギーが不足してしまうと体温が低下したり動く力がなくなったりしてしまいます。

そしてさらに恐ろしいことにはこの夢売る気が不足すると体内のたんぱく質を燃やして栄養分解してエネルギーを作ろうとするので体内のたんぱく質がなくなってしまったよそれもあります。

ですので、カロリーが不足すると体が弱くなってしまいます。

食物繊維これは3大栄養素には含まれないのですが、とても高齢者の食事にとっては大切なものです。

食物繊維は水溶性のものと不溶性のものがあります。

食物繊維は納豆屋そら豆そして胚芽米玄米海藻などにたくさん含まれています。

歯がない高齢者の食事はこちら
このような食物繊維は消化されにくいので便となってお通じを改善する働きもあります。

-高齢者の食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

高齢者にはフリーズドライ味噌汁がおすすめ

まずメリットとしては散乱剤のデメリットをカバーしています。 そうして効果が高いというのも特徴です。 ただし刺激性が高くて肌が荒れたりするそして化粧崩れがしやすく何度も塗り直さないといけないのでのデメリ …

no image

世田谷自然食品の味噌汁はおいしかったです。食べた感想

フリーズドライ味噌汁で血糖値をコントロールすることで生活習慣病アルツハイマー病を防げるという記述が見られますが、明らかに間違っています。 糖尿病になることを減らすことができるのですが、それ以外の病気の …